2015年07月31日

言わなくても暑いです





梅雨明けと同時に猛暑の連続日ようやく7月が今日で

終わる油断していたらまだ8月もあるんですね、そんな

ことを考えていたらいつの間にか稲穂が色付きはじめ

頭をたれはじめ収穫まじかの様子今年は豊作かどうか

はわからないが収穫時期がはやいようです。

まだまだ暑い日が続くようですがウナギを食べて頑張

りましょう
posted by 和食亭つかさ at 14:47| Comment(0) | 店主の呟き

2015年07月27日

そろそろ5ヶ月

黒柴の茶々も大きくなりそろそろ5か月になります
孫と戯れながら寝ます。遊んでいるのか遊んでも
らっているのか孫にはまだわからない20150506_064807
posted by 和食亭つかさ at 19:45| Comment(0) | 店主の呟き

2015年07月13日

「ウナギと梅」何が問題なのか





「ウナギと梅は食い合わせが悪い」で、今でも用心する

場合がある昔の川では、ウナギがよくとれた。体力がつく

からよく食膳にはよくのったそうです。

同時に梅が実をつける季節でもあり、子供たちが青梅

をつい食べてしまう。そこに問題が発生する。

江戸時代の書物には「梅、鰻を食うべからず」とあり

「梅とは生梅のことなり」青梅特に核の部分には

アミグダリンという青酸配糖体が

含まれていてうっかり食べてしまうと、

最悪の場合恐ろしい青酸中毒をおこしかねない、

激しい腹痛や嘔吐など、昔はよく落下した青梅を

食べてしまって、それを戒めることわざが「鰻と梅は

食い合わせが悪い」だったそうです。

しかし完全に漬かった梅干しにはよほど食べすぎない

限りその心配はないそうです。

鰻は脳のわかさを保つと言われています

                    小田原鈴廣「ごとし」より抜粋
posted by 和食亭つかさ at 13:51| Comment(0) | 店主の呟き